htk

記事一覧(16)

vol.16 ~基幹システムの刷新に合わせ、業務改革~

昨秋より、販売・生産・会計などを支える基幹システム(ERP)の刷新に取り組み中です。現システムは2007年に稼働しました。当時は通信用コネクタが売上の半分を占めていましたし、海外売上比率も25%程度でした。生産活動ではOut-In(海外で生産して、日本で販売)が中心でした。それから10年が経過しましたが、この間に当社は大きく変わりました。2008年には当時の松下電工(現パナソニック)と資本業務提携し、私も経営に参加しました。通信分野が全体の15%程度となる一方で、Out-Out(海外で生産して、海外で販売)が主の車載分野が3分の1に拡大すると共に海外売上比率が40%に高まりました。国内の出荷では、特約代理店様など商社向けが最も多くなりました。つまり、現システムを企画設計した当時から、ビジネスモデルが大きく変わりました。したがって、今回のシステム導入活動では、「世界標準に合わせ、カスタマイズ・ゼロに挑戦する」を基本方針に業務改革とセットで進めています。ちょっと古い言葉かも知れませんが、所謂BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)です。特に、現在、人的負荷が掛かっている仕事、特定の従業員でないとできない仕事に対しては、今でも必要なのか?廃止できないか?簡素化・標準化できないか?を議論し、多くの項目で大きな改善が見込めるようになってきました。働き方改革と生産性向上の双方の重要性は当社でも同じです。今回のシステム刷新により、従業員個々をオペレーションから判断業務へシフトさせ、 一人あたりの付加価値生産性を高め、楽しく、楽に働ける「楽勤化」を目指します。今から稼働が楽しみでなりません。P.S.1/29に3Qの決算に加え、通期業績予想の上方修正、増配を発表しました。お蔭様で中期計画「GC20」の前半戦Season1を概ね計画に沿って締めくくることができそうです。改めて、皆様のご支援、ご理解に感謝申し上げます。

vol.15 ~明けましておめでとうございます~

明けまして、おめでとうございます。皆様におかれましては、清々しく新年をお迎えのことと存じます。私どもも年末年始をゆっくりさせて頂き、爽やかな気持ちで業務をスタート致しました。さて、良好な市況で新年を迎えましたが、来年度の事業計画を策定する中で、最も悩ましい関心事は、工作機械やFA機器の好調がいつまで続くか?です。人手不足も手伝い、ロボット市場は2桁以上の伸びが予測されている一方で、高水準な設備投資がいつまでも続くものではないことは業界の誰もが経験しているところです。ただ、私は「FA市場の底は一段上がった」と感じていますので、ピークが過ぎても落ち込み幅は限定的ではないかと想定しています。それでも、好調な時ほど慎重に構えることが経営者の悪癖ですので、「新工場や大型設備投資が稼働した時期に、需要が一段落する」と言い始めています。時期のイメージは、2018年夏ごろです。あくまでも過去に何度も痛い目に合ってきた経験則であり、定量的や論理的な根拠は全くありません。このように想定しておくことで、多少なりとも準備ができ、このような状況が現実になった場合においても、素早く身をかわせ、ダメージを最小限にすることが可能です。今回のように、スマホ設備、半導体設備、EVシフト、省力化投資など発震源が複数ある状況下では、一斉にガタガタと崩れるとは思えませんが、準備としては、好調時にこそお客様や用途などの事業領域を拡げ、ポートフォリオ・バランスを整えておくべきと考えています。さて、2018年は人生最後の後厄です。本厄の昨年は、お蔭様で良い一年となりましたので、その勢いで今年を乗り切りたいと思います。

vol.14 ~還暦~

お蔭様で、工場を中心に繁忙な状況が続いています。ご迷惑をお掛けしているお客様にお詫び申し上げます。新規投資や自動化投資など増産に取り組んでいますので、今暫くご容赦を頂戴したく存じます。さて、私事で恐縮ですが、11月28日に還暦を迎えました。ひと昔前なら、定年退職、第二の人生のスタート、そして還暦祝いなどイベントの多い時期ですが、定年延長や再雇用制度で健康に働き続ける方が大半となり、また年金の支給開始も徐々に遅くなっている昨今、還暦の位置づけも変わってきたように感じます。しかしながら、干支が一巡したことは事実ですので、人生の節目として、振り返ること、そして新たな志を持つことは重要と思います。振り返れば、両親をはじめ多くの皆様に支えられ、教えられて、今日があります。単に懐かしいだけでなく、感謝の気持ちが沸々と湧いてきます。すでに直接、恩返しをすることが叶わない方も多いことは残念ですが、先輩諸兄のように後進を育むことを筆頭に、より高い視座で、会社の持続性向上に取組み、社会に貢献するとともに、家族との絆も一層強めていくことが、還暦を迎えた私の責務と自認をするに至りました。つまり、学ぶべきことも、実行すべきことも、まだまだ残っているということですので、ますますファイトも湧いてきています。そして、吉田拓郎(中学生時代からファンです)ではないですが、「今はまだ、人生を語らず」のスタンスで、突き進んでいこうと思います。11月より、松本城の近くにマンションを借り、3月末まで、安曇野工場で月の半分を執務することとしました。繁忙な時期ほど、“これさえ、なければ・・・”、“これが効率化できれば・・・”など、業務効率の阻害要因が表面に出やすいです。その阻害要因を、現場メンバーとともに、迅速に片づけることが大きな狙いです。徹底的に対話をすることで、繁忙であっても風通しの良い職場を持続したいと思っています。いよいよ、多忙な毎日となる師走です。健康と安全にご留意を頂きたく存じます。

vol.13 ~信頼~

このブログを開始して早くも1年となりました。浅学なつぶやきにお目通しを頂き、ありがとうございます。これからも徒然なるままに発信してまいりますので、お付き合いのほど、宜しくお願いいたします。さて、先日(10/26)、上期の決算等を発表したところ、株価が急騰し、私自身がサプライズを感じました。各社から増収増益、上方修正、増配など好決算が発表されている中で、高い評価を頂けたのは、決算数字に加えて、当社への信頼や期待を改めてお感じになったからでしょうか?いずれにしても身の引き締まる思いです。世間では、培った信頼を揺るがす不祥事が次々と明らかになり、信頼という無形の資産が会計上の資産以上に、そして人財と同等に大切であることを痛感しています。この信頼は、日頃から、誠実に行動することで積み上がるものですが、煩悩を持つ人間が完璧に誠実を貫くことは容易ではないです。人が誠実さを失う時には、必ず理由・原因があり、その原因への打ち手のない状態、つまり閉塞感が不誠実の一因になるように感じます。経営者として内部統制や企業文化づくりなどで不祥事が生じないように努めることは当然ですが、社内に閉塞感を持たせないことが重要なのではないかと感じています。決算発表と同時に、安曇野工場の土壌汚染と対策を公表しました。幸い地下水汚染はありませんでしたが、豊かな自然を傷つけていたことを真摯に受け止め、きちっと浄化をいたします。行政や近隣の皆様にもご説明し、ご理解を頂くことができました。これも、当社を信頼して下さっている故と思います。これからも、誠実さを大切にする会社であり続けるよう精進努力します。冬の足音が近づいてまいりました。風邪など召されぬよう、ご自愛をお願いします。下記は、社員みんなで作った企業理念「Value by Connecting」の行動規範「8-Values」です。

vol.12 ~コーチング~

設備投資需要の旺盛さが続いた17年度上期が終了しました。製造部門を中心に、本当に忙しい半年でした。この状態は暫く続きそうですので、私としては、まず現場の声に耳を傾けようと思っています。さて、当社も、生産性向上を重要な課題として掲げています。業務フローの見直しによる効率化や、IoT、AI、ロボットを活用した省力化などに取組んでいますが、一方でアウトプットそのものを増加させる活動も不可欠です。新規受注活動や新商品開発などの目標達成度、言い換えればプロジェクトの成功確率を高めることができれば、確実にアウトプットを増大し、生産性向上に結びつきます。では、どうすれば成功確率を向上できるのでしょうか?やはり、①チームでのビジョンやゴールの共有②リーダーとメンバー間での推進プロセスの同意③メンバー個々でのミッションの自覚により、チーム全体で高いモチベーションを維持することが最も大切なのではないでしょうか?また、プロジェクト推進にあたって、様々な障害が出現するのも当たり前です。上記の①、②、③ができていれば、多少の障害は個々の担当レベルで自律的に判断・行動ができ、スピード感のある推進が可能となります。最近の言葉で言えば、エッジで対処ができるということです。しかし、現実には簡単ではなく、目標をクリアできないことも多々あります。そこで、当社では本格的なコーチングのトレーニングを導入し始めました。リーダーが指示することによってメンバーを動かすのではなく、リーダーがメンバーに対して“問い”を重ねることによって、メンバー自らが考え、腹落ちしたビジョン、ゴール、プロセス、ミッションを持つようなれば、エッジも効かせながら、確実に目標達成してくれるはずです。現在は、まだ初期段階ですが、コーチングの連鎖によって組織全体の目標達成能力を高めたいと思います。P.S.9/2 安曇野工場にて開催したHTKまつり☆2017に、1,600人ものご来場を頂き、誠にありがとうございました。また、開催にご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。逆に私たちが沢山の元気を頂きました。

vol.11 ~ESG経営に向けて~

天候不順なお盆休みでしたが、楽しく有意義に過ごされましたか?私は、孫らと猫に囲まれ、ゆっくりさせて頂きました。 さて、当社にとって、夏場はイベント盛り沢山のシーズンです。7/7の株主様向け事業計画説明会に始まり、安曇野工場ご視察ツアー、子供向け工作教室、松本山雅FCのスポンサーデー、そして9/2のHTKまつりまで、様々なステークホルダーの皆様に喜んで頂くとともに、当社への理解を深めて頂く目的で、社員一丸となって回を重ねるごとに趣向を凝らしている次第です。これらはSR(Shareholder Relations)活動、CSR(Corporate Social Responsibility)活動ですが、企業市民としての責務を考えると、その一端を果たしているに過ぎません。CSR自体は時代とともに変遷していますが、最近では、ピコ太郎さんの動画で話題となったSDGs(国連で採択された持続可能な開発目標)をベースにした活動こそが、本来のCSRではないか?と考えています。当社のような規模では、できることは限られていますが、17の目標を念頭において経営を進めたいと思います。このSDGsへの企業の貢献度を示す指標の1つがESG(環境、社会、ガバナンス)でしょう。この観点で見ても、当社には取り組まねばならないテーマが多く残っています。当社が目指す「よい会社」と連動させて、目標とする指標を設定した上で、着実に進化させ、“ESG経営の会社”と言われるように研鑽をしてまいります。(今回は、横文字が多くて申し訳ございません)P.S.当社では、お盆前後の松本山雅FCのホームゲームをスポンサーデーとし、地域の皆さんへの感謝を込めて様々なイベントを開催しています。ハーフタイムの打ち上げ花火も「来年も頼むよ」の声に押されて6回目となりました。(写真はピッチでのご挨拶に向かうところです)

vol.10 ~3つの不足に快速ディシジョンで~

夏本番ですね。私は暑さが苦手ですが、夏休みの子供たちを見ると、日頃できない体験などを通して、大きく育ってほしいなぁと思います。(じいちゃん目線ですかねぇ) 
先日、1Qの決算を発表しました。好調だった昨年4Qと同等の高水準で巡航ができたことに、改めてステークホルダーの皆様に感謝申し上げます。(詳細はHPでご確認ください。)
 さて、社会全般的に人手不足と原材料不足が深刻化しています。また、活発な省力化投資を背景に設備業者さんの不足も顕在化してきています。当社は過去最高業績を狙う中期計画“GC20”の前半戦“Season1”の最終年として、多くの仕込みを進めていますが、一方で社会と同様に3つの不足感を持っています。このような逆風の中で、最も大切なことは“快速ディシジョン”と実感しています。素早く状況を把握し、不足の代替手段、吸収方法など“あの手この手”を的確に打ってゆくことを平素以上に心がけてまいります。このような不足感を起点に、企業による人的投資や設備投資が継続すれば、物価が緩やか上昇し、景気の好循環に繋がると信じています。景気の好循環は、当社にも好影響をもたらすはずですので、微々たる力ではありますが、当社としても積極的な投資を進めます。P.S. 私は、数えで61歳、つまり本厄にあたります。先日、築地にある“波除(なみよけ)神社”に参拝し、厄除けをしてまいりました。古くから親しまれているお稲荷さんが見守って下さるので、積極果敢に攻め続けます。

vol.9 ~沢山のご意見・ご質問に感謝申し上げます(株主総会を終えて)~

去る6月26日に当社の株主総会を開催しました。前号でご報告のように、今年から株主懇談会を廃止しましたし、個人株主様が30%減少していることから、ご出席者の激減を心配していましたが、蓋を開けてみると、昨年とほぼ同等 約150人のご出席を頂きました。びっくりする一方で、たいへん心強く感じた次第です。本当に嬉しかったです。ご出席を頂いた皆様、ありがとうございました。
さて、株主総会と、その後の事業計画説明会にて、19件のご意見やご質問を頂きました。その中で、招集通知に関して3点のご意見を頂戴しました。当社の招集通知(カラー刷りの冊子)は、個人株主様にフォーカスして、グラフや写真を多用し、わかりやすさと簡潔さを追求して編集をしてまいりましたが、それぞれのご意見は正に仰せのとおりですので、来年度はご意見を反映したものへ進化させたいと考えます。ご意見のポイントと今後の当社取組みをご報告します。① 役員候補者の顔写真は直近のものとすべき ② 従業員の残業時間や有給取得の状況を織り込んで欲しい③ 株主構成に関する報告を織り込んで欲しい 今年の招集通知の候補者写真は、昨年のものを流用していました。確かに、人の姿や形は年々変わるものですので、直近の写真を使用すべきでした。来年の写真では、“風格がでてきたなぁ”または“若々しくなったなぁ”と感じて頂けるように精進(?)します。また②に関しては、働き方改革が潮流となる中、株主様の関心事も変わってきていますし、当社は“よい会社”となることを標榜していますので、ご指摘のとおり、考慮すべきでした。さらに③も同様です。昨年度は、当社にとって株主構成が激変した年となりました。具体的には、16年3月末には個人株主様が4,300余名でしたが、17年3月末には3,000余名へ大幅に減少し、逆に機関投資家様のウェートが14%から24%へ大幅アップしました。このような大きな変化をわかりやすく報告する義務が当社にあったと反省をしている次第です。ご紹介した以外のご意見やご質問も、たいへん示唆に富むものでした。また、多数の株主様の前で、質疑応答をさせて頂き、当社の考え方などをご説明できたことは有意義であったと感じています。多数ご参加いただく株主懇談会では難しくなった対話への新しい方策が見つかったような気がしています。ご協力に感謝申し上げます。また、来る7月7日に開催する名古屋・大阪での株主様向けの説明会にも約100人のお申込みを頂きました。皆様から、様々な声を聞かせて頂けることを楽しみにしています。 さて、今年の話題である機関投資家の議決権行使では、ある投資家様だけが3件の議案に反対票を投じられました。株主総会後に、反対理由をお知らせ頂けるとのことですので、真摯に耳を傾け、正すべきは正してまいる所存です。今年の夏は平年以上の暑さになるようです。水分、塩分の摂取にご留意頂き、熱中症とならぬよう、夏をお楽しみください。P.S.
今回は、机付きのお席とし、事業計画説明会では、それぞれのお席にコーヒーor紅茶と焼菓子をサーブさせて頂きました。この趣向が、対話を誘発する一助となったのかなぁ・・・ 

vol.8 ~株主総会を控えて~

6月26日に当社の株主総会を開催します。ここ数年、継続して、他社と重複しない月曜日の午後に開催することで、多くの株主様にご出席を頂く工夫をしています。とは言え、首都圏以外からのご出席は厳しいと考えますので、今年は7月7日(金)に、名古屋と大阪にて株主様限定の事業計画説明会を開催します。株主総会と同じお土産もご用意します。できれば、株主総会後の恒例行事としたいと思っていますので、多くの皆様からのお申込みを心待ちにしています。また、順次とはなりますが、東名阪以外の各都市におきましても、個人投資家向け会社説明会を開催いたしますので、お運び頂ければ有難く存じます。また、今年は、一昨年・昨年に開催した株主懇談会を開催しないこととしました。主な理由は、以下の2点です。150名以上の株主様にご出席を頂けるようになった反面、懇談会にて個別にお話をさせて頂ける方も限られ、本来の主旨である“幅広い対話”にそぐわなくなってきたことが1点目です。2点目は、出席株主様へのお土産以上の対応が株主間公平の観点で適正とは言い切れないと判断をしたからです。お楽しみにされていた株主様には、誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解を賜りたく存じます。なお、株主総会に続いて開催する事業計画説明会では、お飲み物を手にとって頂きながら、幅広くご質問やご意見を頂戴する場を設けます。さらに、ご発言の際にお名前をお聞きしない形式としますので、従来の懇談会と同様にオープンな対話の場となれば幸いです。 一方、機関投資家様にとっては、先般のスチュワードシップ・コード改定版にて「個別の投資先企業及び議案ごとに賛否結果を公表すべき」とされた関係もあり、6月は投資先毎の議案の精査に相当ご多忙となるのではないか?と推察をいたします。当社は総会の1ヶ月前にあたる5月26日に総会関係書類をWEB開示いたしましたので、早めのご判断にご利用頂きたく存じます。さらに、議決権行使プラットフォームのオープン日も早めることはできないか?と考えています。いずれにしましても、プロの機関投資家様の賛否を確認させて頂けることは、当社の経営にとって極めて有用です。反対が相当数に昇った議案については、“正すべきは正す”の姿勢で取り組みますので、当社からお問合せをした折には、背景や理由を忌憚なくお聞かせ頂きたく存じます。早くも5月下旬に全国で真夏日を記録するなど、いよいよ暑く、湿度の高い季節となってまいりました。くれぐれも体調をお崩しにならぬよう、ご自愛をお願い申し上げます。 

vol.7 ~わかりやすさファースト~

決算発表の時期となりました。当社も5/11の発表に向けて、短信や説明資料の作成に取り組んでいる最中です。ところで、弊社の短信のコメント部分には、ずいぶん前から、“わが国経済は・・・” や “当業界は・・・” という記述がありません。投資家の皆さんがお知りになりたいこと、当社からお知らせすべきことを簡潔明瞭に記載することを旨に、私自身が削除しました。先日4/27にも幾つかの適時開示をしましたが、ここでも同じく、本質は何かを自ら問い、前例やひな形は敢えて踏襲せず、わかりやすさに拘りました。投資家の皆さんには、機関投資家様もいらっしゃれば、個人投資家様もいらっしゃいます。人数で言えば、個人投資家様が圧倒的に多いですので、個人投資家様の目線に合わせて、可能な限り専門用語や難解な言い回しは避けるようにしています。他方、専門家の皆様には、情報不足となる場合があるかも知れません。その折は、お手数ですが、弊社までお問合せを頂きたく存じます。
 また、短信では記述しきれない部分がありますので、短信と同時に説明資料を開示し、さらに翌日には説明動画をホームページに掲載することとしています。ただ、動画は見るための時間が必要なため、お忙しい方には不向きな部分があります。そこで、お時間のない方へのお勧めは、説明資料の流し読みです。弊社の説明資料のそれぞれのページのタイトル下(下図ご参照)には、そのページのポイントを1行(ときには2行)に凝縮した“渾身のコメント”を記載しています。つまり、「タイトルとその下の一行コメント」だけを流し読んで頂ければ、概観を掴めるように工夫をしていますので、ぜひトライをしてみてください。
 投資家との対話が重要視される昨今、文書であろうが、口頭であろうが、“わかりやすさファースト”を念頭に、これからも表現力を磨いてまいります。
 なお、勝手ながら、弊社は4/29から5/7まで9連休を取らせて頂きます。皆様も新緑の季節をお楽しみください。 

vol.5 ~新卒採用にあたって~

個人投資家様向けの会社説明会で全国7か所を巡回中です。冬のIRツアーは、日頃、訪問できていない都市を中心として、当社を知って頂き、新しく株主となって頂くことが目的です。特に3月には、初めて東北(仙台)・九州(福岡)で開催させて頂けることとなり、大いに楽しみにしています。東京での株主総会へのご出席が容易ではない株主様も是非お出まし下さい。お待ち申し上げます。さて、いよいよ18年春に向けた新人採用活動が始まります。人手不足や企業業績の良化が見られますので、一部上場企業といえども、知名度が低い中堅企業である当社にとっては、今年も苦戦が予想されます。このような状況下ですが、新人の継続的な採用は企業の持続的発展の源泉ですので、私自身が会社概要や経営理念を学生さんに語りかけることとします。
 とりわけ今年は、すべてのステークホルダーの皆様から信頼と期待を頂ける“よい会社”を目指していることを中心に語りたいと考えています。学生さんにとっては、働きやすさが信頼のベースでしょう。また、“こんな風になりたい”など、自分が描いている未来を実現できそうと感じることが期待と言えるのではないでしょうか?当社は、根っからの真面目が取り柄ですし、働き方改革にも前向きに取り組んでいます。また、中堅らしい風通しのよい企業風土が、各人の成長の肥やしになると確信しています。さらに“Value by Connecting”をブランドステートメントに、今後も特徴ある事業や商品・サービスを継続的に創出してゆきますので、社員にとっても、新たな技術やビジネスへの挑戦機会が多いことも説明する予定です。一言で言えば、“一緒に成長し、互いの夢を実現しよう”がキーコンセプトです。 もし、ご家族、ご親族、ご近隣で、来年卒業予定の学生さんがいらしたなら、“本多通信工業って会社も面白いよ”と、ご紹介頂ければ幸甚に存じます。ちなみに会社説明会の日程は下記のとおりです。3/10(金)10:00-11:003/21(火)10:30-11:303/23(木)10:00-11:00
3/30(木)14:30-15:304/4  (火)10:30-11:30ともに当社大崎本社