htk

記事一覧(29)

vol.29~いよいよ新卒採用活動スタート~

本多通信工業の佐谷です。暖かくなってきましたね。安曇野工場内のウメも、つぼみが膨らみ始めています。さて、今日(3/1)から、20年3月卒の学生向け会社説明会が解禁されます。今年も厳しい採用活動になるだろうと覚悟をしていますが、今年は「仕事を通して社会貢献ができること」を中心に説明し、共感を得たいと思っています。ご承知のように、当社はグローバル・コンパクトに賛同し、社業を通したSDGsへの貢献を目指して、具体的な活動を展開しています。先日発表した地産地消化を図るグローバル製造再編では、輸送距離が大幅に短縮され、物流に伴うCO2排出を抑制することができます。また、建設を決定した安曇野厚生棟では、地元のアカマツ材をフローリングに使用することで、CO2の固定化に貢献します。さらに、株主様のご意思を代表して、配当の一部を市に寄付し、地域振興に役立てて頂いています。加えて、部署ごとに“事業展開の中で、どのようにSDGsに貢献するか”について活発に議論をしているところです。また、働き方改革面でも、法制度を先取りした時間外労働の上限規制や選択肢のある育児休業制度などを説明する計画です。学生さん達と様々な対話ができることを大変楽しみにしています。お知り合いに就活中の方がいらっしゃるならば、当社をご紹介いただきたく存じます。なお、会社説明会は、大崎本社…3/15、3/28、安曇野工場…3/27です。写真:2月5日に、宮澤 安曇野市長様に、皆様のご意思をお届けしました。

vol.28~安曇野工場が進化しています~

本多通信工業の佐谷です。1/29に3Qの決算を発表しました。決して高水準ではありませんが、17年の2Qをピークとした営業利益率の下落に歯止めを打てたことに手ごたえを感じています。一方、中長期視点では、Connected IndustriesやCASEのトレンド、さらに生産性向上ニーズを背景に、車載/FA/情報システム分野とも成長機会が豊富ですので、積極果敢に事業戦略を進め、成長を果たしてゆく所存です。業績・株価とも足元は芳しくないですが、今後の挑戦にご期待を頂きたく、当社としては過去最大規模の自社株買いを実施することとしました。意のあるところをご理解頂ければ幸いです。さて、1月は多くのお客様に安曇野工場をご視察頂きました。今回のご来工に合わせて大幅なレイアウト変更を実施したこともあって、当社のボリューム別ものづくり(大ロット=月産10万個以上、中ロット=1万個以上、小ロット=1万個未満)をご理解頂き易くなりました。以前は自動機による大ロット生産と手組みをメインとする小ロット分野で構成されていましたが、その中間であるロボットを活用する中ロット分野が拡大しています。ロボット自体も進化を続けていますので、その活用力を一層高め、生産性向上に取り組んでまいります。一方、製品を小ロットで組み立てることは可能ですが、小ロットでの部品製造は難題です。この課題に対しては、部品づくりの前後に不可欠な“段取り”に着目をしています。その典型例がカセット成形型です。手のひらサイズの金型ですので、成型機へのセットや暖気などの時間が短縮されます。また金型メンテナンスも短時間化ができます。この他にも段取り時間を短縮する工夫により、小ロットでの部品製造であっても設備稼働率を維持向上できるよう努めます。引き続き、RPAを使った間接業務の効率化を含め、生産性向上を“仕事を楽しく、楽にするもの”と捉え、皆で知恵を出してまいりますので、進化する安曇野工場のご視察をご検討ください。個人株主の皆様には、今年も視察ツアーを開催いたしますので、ぜひご応募ください。安曇野工場を含めたプロモーションビデオが完成しました。ぜひご覧ください。(画像がリンクになっています。)

vol.27~平成を振り返って~

新年あけましておめでとうございます。本多通信工業の佐谷です。皇居には平成で最高の皆さんが足を運び、両陛下による平素からの国民へのお気遣いに感謝の気持ちを表しました。私も象徴天皇を体現なさっていることに、心より畏敬の念を抱いています。さて、振り返れば、平成の30年は振れ幅が大きかった時期と言えるでしょう。バブルとその崩壊、さらには失われた20年と言われるように、経済面では昭和の高度成長からデフレ経済へ一転しました。また、国際政治においても東西冷戦が終了した一方で、ナショナリズムが高まり、より不安定な方向へ動いていると感じます。当社にとっての平成も、下図のとおり景気変動に左右され、アップダウンの激しい30年でした。今後も変化の度合いが高まることに加え、2度のリストラの苦く辛い経験も踏まえ、持続的成長ができる企業への進化が当社の課題であることは明確です。具体的には“ポートフォリオの強化”、つまり軸となる事業を創出することと、それぞれの軸を太くすることの2点が重要事項です。単なる多角化や拡大ではなく、自らの社会的な存在価値を見定めた事業を展開し、すべてのステークホルダーの皆様から信頼と期待を頂戴できるよう精進努力してまいります。年始のマーケットは先行き不安により、大荒れでスタートしました。私自身も足元業績に懸念をしていますが、当社にとっては“ポートフォリオの強化が優先事項”ですので、中期的視点で果敢に挑戦をしてまいります。末筆ではございますが、2019年が皆様にとって、良き年となることをお祈り申し上げます。PS.当社の平成を振り返れば・・・

vol.26~祝 松本山雅 J2優勝 J1昇格~

本多通信工業の佐谷です。お蔭様で松本山雅FCが11/7にJ2優勝とJ1昇格を決めました。スポンサーとして、サポーターとして本当に嬉しいです。得点は54とリーグ中位ですが、失点が34と最少であったことが、21勝14分7敗の戦績に繋がり、優勝と昇格を得ることができました。このことから守り勝ったシーズンだったと言えますが、松本山雅の場合は、守備陣も鉄壁でしたが、FWやMFを含めた全員が全力で走り、献身的にディフェンスをしたことが奏功しました。また、ケガや日本代表への招集などにより主力が欠場した時に、サブメンバーが遜色のない動きをしたことも大きかったです。さらに、ホームゲームの観客動員数は平均1.3万人と、新潟に次いで2位。リーグ有数の熱いサポーターの力がホーム連敗後(8/18 HTKデーの町田戦もその一つでした)の復調を支えました。一方、例年の松本山雅と違った点は反則の多さです。例年の反則ポイントは1位・2位を争う少なさですが、今シーズンは6位と芳しくありませんでした。攻め込まれ、守る時間が多くなる中、激しくなってしまったようです。いずれにしても、リスクが高まった時に全員で守り、戦いきるチームは強いことを立証したと感じます。また、サポーターの声援がその原動力になることも明確です。18年度の当社は好調だった17年度から一転し、厳しい状況にあります。こんな時こそ、松本山雅のように、サポーターとも言えるステークホルダーの皆様の叱咤激励を力に転換し、全員のベクトルを合わせ、そしてフェアプレーで乗り切ってまいりたいと思います。松本山雅の来シーズンは2度目のJ1です。前回は1年でJ2降格の憂き目に遭いました。J1に定着できる底力を蓄えるための補強とトレーニングは激しいものとなるでしょう。反町監督のマネジメントが見どころです。PS:優勝・昇格を決めた夜、HTKサポーター軍団で祝勝会を開催しました。

vol.25~平成もあと半年~

本多通信工業の佐谷です。10/30に上期決算を発表いたしました。不甲斐ない結果に落胆された方も多いと感じています。ご期待に沿えず、誠に申し訳ございませんでした。一方、中期計画“GC20”の前半Season1に仕込んだ種は順調に育っています。したがって、足元は低調ですが、積極的な育成投資を続行してまいる所存です。その私の意思が、期初にお約束した配当=20円を変更しなかったことに現れているとお感じ頂ければ幸いです。さて、天皇陛下のご退位まで半年となりました。この機会に私の平成を10年単位で振り返ってみました。元年(1989年)は32歳、入社以来の営業所から基幹システムの構築プロジェクトへの派遣や、企画部門への異動を経験し、ビジネススキルが拡がった平成序盤となりました。仕事内容や職場環境が変わり、バタバタしていたと記憶しますが、学びの多い時期でした。中盤では、社外に活動の幅が拡がりました。業界団体での活動に加え、他社との提携に携わることで、各社それぞれの社風・企業理念・経営戦略等に触れさせて頂くことができました。物事は多角的に見なければならないということを教えて頂いた時期でした。私のパナソニックでの最後の仕事が当社との資本業務提携となり、平成の終盤は当社の経営を担当することとなりました。2000年前後から役員の傍で働くことで、経営者としてのあり方を身近で知り得たことが、今日の礎となっています。諸先輩の教えに恩返しすべく、今日の経営に活かし、日々研鑽を重ねる時期となっています。このように振り返ると、平成の30年間、序盤では“視野を拡げること”、中盤では“視点を変えること”、そして終盤では“視座を高めること”の大切さを体験させて頂きました。バブル崩壊やリーマンショックなどもありましたが、私にとって、平成は貴重で有難い30年間でした。また同時に、後輩たちに対して、様々な経験や知見を得るチャンスを提供し続けることが、私の使命であると改めて再認識しました。後継者も含め、人材育成に一層、努力してまいります。日中は20℃を超えることもある一方、10℃を下回る肌寒い朝夕となってまいりました。風邪などお召しにならぬようご自愛ください。P.S.10/9 初めて札幌で個人投資家向けの会社説明会をしました。その折に大倉山シャンツェを見学してまいりました。想像以上の急斜面に驚くとともに、ジャンプ競技は子供の頃からの積み重ねが不可欠と実感しました。やはり経験ですね。

vol.24~新卒採用~

本多通信工業の佐谷です。最近、機関投資家さんとの面談にて「SAPを導入します」と申し上げると、怪訝(けげん)な顔をなさる場合があります。「ご安心ください!」周辺システムとの連携やマスタの不備による不具合はあったものの、本番スタートから1ヶ月、円滑に稼働をしています。新システムに早く慣れる必要はありますが、引き続き、業務改革や生産性向上に繋いでまいります。さて、10月1日に内定式を開催します。振り返ってみると、来春卒の採用では苦労をしました。会社説明会に出席頂いた学生数は例年の3分の1、さらに内々定後も辞退で半減しました。そんな中、有望な学生たちと内定式を迎えることができ、内心ほっとしているところです。今回の苦戦から、当社の採用活動自体が間違っていたことに気づきました。東証1部上場とはいえ、“学生での知名度≒ゼロ”な当社が大手企業と同じようなWEBや説明会などで勝負をしても、勝てるわけがなかったです。この反省を踏まえて、20年卒の採用活動は、ランチェスターの“弱者の戦略”を採ることとします。基本は、当社の特徴や面白みをリアルに伝えることができる「接触重視」です。伝手を辿って、入社5年までの若手社員が走り回ることとなりそうです。さらに、「HTKまつり」や「松本山雅スポンサー」などの地域活動は、地元で好評を頂戴していますので、中信地区など長野県出身で、将来はUターンを考えたい(考えるかも知れない)学生へのアプローチを中期視点で強化します。新人の継続的な採用は、いずれの会社にとっても重要なテーマです。昨今、採用活動に関する申し合わせの廃止等について議論がなされていますが、私個人としては、学生ファーストを基本とし、何らかのルールは必要と思っています。節目がなければ、学ぶにしても遊ぶにしても徹底できず、学生の成長を阻害しかねないのではないでしょうか?

vol.23~SAP本番稼動~

本多通信工業の佐谷です。9/1 安曇野工場にて、地域の皆様への感謝を込めて、第6回“HTKまつり”を開催しました。朝まで降っていた雨があがったこともあり、過去最高の1,700人にご来場頂きました。たくさんの笑顔を見せてくれた子供たちが、いつか当社で活躍してくれるようになればいいなぁと思いました。さて、当初予定どおり、お盆明けの8/20から新基幹システム「SAP S4HANA」が稼動しました。マスタの設定不備等により周辺システムで不具合が発生しましたが、順調に動き始めています。今回のシステム刷新の基本方針は、“当社独特の慣習やルールは廃止、世界標準=SAPに合わせる”でした。従来、当社では多様な要望に対応した結果、業務もシステムも複雑化していました。生産性を高めるには、この既存業務の見直しが必須ですので、SAPへの切り替えをその契機としました。たとえば、多岐に亘っていた、仕入先へのお支払パターンやお得意先への納入伝票をSAP標準に合わせて数種類に限定しました。“カスタマイズ=ゼロ”を目標に取り組んだ成果が、お取引の整流化に繋がり、Win-Winの基盤となると確信しています。今回の諸変更に快諾頂いた関係先様に改めて御礼申し上げます。さらに、SAP S4HANAは、基幹業務を実行する中でリアルタイムに生成されるデータベースが特徴です。今後は、この特徴を利用して、勘・経験・度胸にだけ頼るのではなく、データに裏打ちされた的確なディシジョンを実現してまいりたいです。そのためにも、まずは稼動後1ヶ月間で灰汁(あく)を出し切りながら、新業務フローを定着させる“安定化”に全社を挙げて取り組みます。“残暑 厳しい折”の季節のご挨拶がピッタリはまる今年ですが、急に涼しい日もやってくる時期となりました。ヒート・サイクルによって体調を損なわれないようご自愛ください。(写真はHTKまつりです)

vol.22~1Q決算発表を終えて~

本多通信工業の佐谷です。猛暑日が続き、西日本には豪雨、さらに台風12号が見たこともない進路で西進・南下するなど、異常な夏となっています。被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。さて、一昨日、18/1Qの決算を発表させて頂きました。私と致しましても、たいへん不本意で悔しい結果ですが、それ以上に皆様のご期待に沿えなかったことを改めてお詫び申し上げます。事業のグローバル化に伴い、必然的に為替変動のリスクが高まりますが、今回は、ドル:タイバーツ、タイバーツ:円、円:ドルの為替水準が結果的にマイナスに影響し、大きな減益となりました。為替変動が直接的な減益要因ではありますが、本質は当社のポートフォリオの弱さにあると自認をしています。事業の柱を増やしながら、グローバルに顧客を拡げ、生産地を分散することが、根本的な対策であり、持続的な成長の基本と考えますので、1Qの結果を真摯に受け止め、役員・社員と共に精励してまいる所存です。一方、GC20の前半Season1に仕込んできた案件が、期待どおり芽を息吹き始めました。今こそ水や肥やしを投入する時期ですので、1Q決算にめげず、育てる設備投資・開発投資を進めます。また、決算説明でもご披露をしましたが、グローバルな製造再編にも着手してまいります。ステークホルダーの皆様には、引き続きのご理解とご支援をお願い申し上げます。業績とは直接関係はありませんが、当社がスポンサーをし、また私自身が熱烈なサポーターである松本山雅FCが、J2リーグで首位を走っています。シーズン前半を終え、折り返したばかりですので、まだ安心はできませんが、ぜひJ1昇格を勝ち獲って欲しいです。来る8/18(土)のホームゲーム(町田戦)は、“本多通信工業デー”として恒例の花火の打ち上げも実施します。松本山雅の勢いも貰って頑張ります!

vol.21~統合報告書~

本多通信工業の佐谷です。皆様のご賛同・ご支援により、6月25日の定時株主総会を終えることができ、社外取締役3名となった新しい経営体制がスタートいたしました。改めて御礼を申し上げるとともに、多様性を発揮し、皆様から一層の信頼と期待を頂戴できるよう努力してまいります。さて、当社として初めての統合報告書を発行させていただきました。ESGへの取組が会社の持続的成長の礎と認識し、財務情報だけでなく、経営理念、中長期の経営計画、そして環境・社会・ガバナンスへの取組を40ページ余に網羅をいたしました。先行されている他社様に比べれば充実度が劣ると感じますが、初版としてご容赦をいただくとともに、次年度に向けてご意見をお寄せ頂ければ幸甚に存じます。今回の統合報告書の制作過程において、日頃から多くのステークホルダーの方々と対話をさせていただいたことが、大いに役立ちました。幅広いジャンルに亘るご意見やアドバイス、あるいはご質問をいただいたことが、会社としての考え方の整理、さらには研ぎ澄ましに繋がり、この統合報告書の編纂を可能たらしめたと言っても過言ではないと思います。引き続き、オープンな対話を大切にしてまいりたいと存じますので、お付き合いのほど、宜しくお願い申し上げます。株主総会後の7月は総会へのご出席が難しい京阪神・愛三岐の株主様向けに中期計画説明会を開催します。また、神戸にて個人投資家様向けの会社説明会も実施します。さらに、社員との個別面談にも注力する予定です。対話が会社発展の糧となることを胸に精力的に取り組んでまいります。今年は、早めに梅雨が終わり、気温が高い、長い夏になりそうです。(私は実は暑さが苦手です)熱中症にはくれぐれもご注意をお願いいたします。P.S.統合報告書は弊社HPに掲載しています。https://www.htk-jp.com/admin/upload/doc/20180625171850_1_HTK20180625_IntegrationReport.pdf冊子をご要望の方は、以下へお問い合わせください。E-Mail:ir@htk-jp.comTEL :03-6853-5820

vol.20 ~適正取引~

本多通信工業の佐谷です。5月10日に17年度決算と中期計画の後半“GC20 Season2”をご説明したところ、株価が下落しました。皆様の今後への期待がより大きかったと理解をしており、励みにして頑張ります。さて、私は、東京商工会議所 品川支部の中小企業・税制特別委員会の委員長を仰せつかっています。中小企業政策に関する支部会員の意見をとりまとめ、先日、本部に提出した要望書の1丁目1番地は、「不合理な商慣習の見直しや取引公正化に向けた一層の推進」です。中小企業にとって、人手不足と働き方改革への対応が喫緊の課題であり、それぞれの企業が工夫をされ、自助努力をなさっています。しかしながら、中小企業単独では解決ができない不合理な商慣習や不公正な取引などが未だ残っている実態があり、これらの適正化・正常化に国を挙げて対処し、サプライチェーン全体で生産性を高めるべしと提言をしました。経済産業省が、世耕プランとして「未来志向型の取引慣行に向けて」という方針を発表し、親事業者に対して、支払サイトの短縮など取引条件の改善を求めていますし、各業界団体が「長時間労働につながる商慣行の是正に向けた共同宣言」で下請け企業にしわ寄せしないことなどを発信していますが、まだまだ実態が伴っていない状態です。このような状況下、国の施策を待つのではなく、社会的責任も重い大企業・上場企業が、サプライチェーン全体視点で適正取引を率先垂範すべきではないでしょうか?5月下旬に販売店様向けと仕入先様向けに中期計画をご説明しました。そのプレゼンの中で、「取引の適正化と整流化で互いの付加価値と生産性を高める」と申し上げました。仕入先に対して取引条件などを改善するだけでなく、顧客や販売先に対しても、サプライチェーン視点で「もの申し上げる」ことが正しいと確信をしています。多少、難儀するでしょうが、奮闘してまいります。

vol.19 ~女性役員~

安曇野では、例年より10日ほど早く、リンゴの花が咲き始めました。私は暑いのが苦手ですので、クールビズのスタートはたいへん有難いです。さて、4月26日の取締役会にて、山下真実(やました まみ)さんを社外取締役候補とすることを決定しました。株主様のご承認を得ることができれば、当社にとって、創業者の奥様「本多ソヨ様」が昭和43年(1968年)に会長を退かれて以来、50年ぶりの女性役員となります。山下さんを候補とした最大目的は、当社が目指す「よい会社」に近づくことです。取締役会を多様化させることにより、様々なスキルと知恵がミックスされ、よりハイレベルな意思決定に繋げたいと思っています。山下さんは2児の母であり、子育て支援を主な事業とする「(株)ここるく」の代表取締役、2016年には「週刊東洋経済が選ぶ 2017年注目の女性経営者10」にも選出された方です。新卒入社した大手電機メーカを退職した上で単身渡米しMBAを取得するなどエネルギッシュな一面もありますし、帰国後は金融業界でリスクマネジメントの専門家として活動をされ、国際感覚や財務への造詣も深いです。また、2年半前から当社の女性活躍推進プロジェクトなどのコーディネータ、アドバイザとして活躍頂いており、社員からの信頼も厚いことなどが、候補者とした理由です。6月25日の株主総会で、株主の皆様の賛同を得て、取締役会の多様化が実現することを心待ちにしています。さて、山下さんから皆様へのメッセージを頂きましたので、ご紹介します。「これまで約2年半に亘り、女性活躍推進や人材活用コンサルティングを通してご支援させていただいた本多通信工業様に、また別の立場から、引き続き関わっていけることを大変嬉しく思っています。多様性(ダイバーシティ)の観点と国際感覚を大切にしつつ、皆様のご期待に添えるよう誠心誠意、努力してまいります。」P.S.昨年の株主総会で、株主様から「役員候補者の写真が去年と同じだ」とご指摘を頂きましたので、先日、今年用の写真を撮りました。昨年の写真と比べれば、白髪が増えました。

vol.18 ~100周年~

一気に暖かくなりました。サクラも例年より一足早く満開。初々しい新入生や新社会人の姿を見ると、自らの背筋も伸びます。この気持ちで中期計画GC20の後半戦Season2に取り組みます。さて、3月7日にパナソニックさんが100周年をお迎えになりました。幾多もの苦難を乗り越え、見事に百年企業となられたことに祝意と敬意を表します。ご承知のとおり、パナソニックさんは当社の大株主ですし、私の出身元ですので、とりわけ感慨深いです。私は、100年の事業継続を支えた根幹は、やはり松下幸之助氏が定めた基本的な考え方「綱領(産業人たるの本分に徹し、社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与せんことを期す)」にあると思います。私流に勝手な解釈をすると、「社業を通じて、世界視点で社会的問題の解決や豊かな社会の実現への活動を展開し、ステークホルダーに貢献をしてゆく」という意味であり、まさにESGの先駆けと考えます。また、最近よく言われているように、「高いレベルでESG経営をしている会社は持続的成長ができる」の実証事例ではないでしょうか?当社も、2032年には隆々と100周年を迎えたいと念願をしており、これを実現するにはESG観点で経営を進化させねばならないと痛感をしています。その初期的な取組みとして、環境省の「ESG対話プラットフォームステップアッププログラム」に参加し、過日、修了をいたしました。コメントを頂いた機関投資家の皆様に改めて御礼を申し上げます。今回の経験を活かして、当社におけるマテリアリティを踏まえ、諸課題へ具体的なアクションを展開してまいる所存です。また、株主総会の頃には、これらをまとめた統合報告書を公表する計画ですので、ご一読いただければ幸甚に存じます。P.S.3月に入って、19年新卒の学生向けに自ら会社説明を行っていますが、今年は大苦戦です。「社長が身近で風通しのいい会社で働いてみたい」、「自然豊かな信州に戻りたい」と思っている学生さんに当社をぜひご紹介ください。